騙されないために

 オレオレ詐欺や架空請求詐欺などの特殊詐欺被害額が、平成26年は約500億円と過去最高を記録したという。テレビや新聞でも注意を呼びかけたり犯罪事例を紹介したりしているが、一向に効果は見られない。では、一体どうすれば被害を減らせるのか。犯人を捕まえるだけでなく、一人一人がウソを見破り、騙されないようにすることが重要だ。
 先日の由良町商工会経営セミナーでは、元刑事を招いて「人を見抜くテクニック」をテーマにした講演が行われた。元刑事は、専門家の研究から人間の動作で信用できる順番は①自律神経信号(汗をかく等)②下肢信号(脚の動き)③体幹(姿勢)④見分けられない手振り(微妙な手の動き)⑤見分けられる手振り(意図的な手の動き)⑥表情(顔)⑦言語││と紹介。つまり言葉が一番信用できないと説明していた。
 特殊詐欺の場合は、電話で犯人と接することがほとんど。一番信用できない言葉だけで〝プロ〟を相手にしなければならない。こんなときは一方的に相手の話を聴くのではなく「質問する」のが効果的という。相手の反応を確かめられるし、何より一時的にでもこちらに主導権を移せるというメリットがある。例えば子どもからの電話の場合。違和感を感じたら「昨日も電話くれたよね」と質問すると決めておくだけで、相手の返事がイエスかノーかで真偽の判断ができ、騙されないようにするための一つの対策ではないかと思う。
 犯罪者はあの手この手を使ってお金を騙し取ろうとする。騙す人がいるなら、騙されないように自己防衛策を身につけておかなければ泣きを見る。とくに被害者の9割を占める高齢者の方は日ごろから対策を考えておいてほしいと思う。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 丁寧、誠実がモットーです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る