ベトナムの大学生ら日高川で民泊

 国が実施しているアジア各国との青少年交流事業「JENESYS2・0」で、ベトナムの大学生ら25人が16日から18日までの3日間、日高川町を訪問。日本の暮らしを体験している。
 一行は科学技術、ものづくり、先端技術を学ぶことが目的で科学技術第23陣として12日から20日までの日程で来日。紀の川市の近畿大学生物理工学部や和歌山市にある大手化学メーカー・花王の工場など見学し、日高川町ではゆめ倶楽部21の協力で、7軒の家庭に分かれて民泊。平川の清水俊夫さん宅を訪れたのは大学院生のウェン・タン・ニュさん(26)、大学生のファン・ミニ・クォンさん(19)、ヴァン・クォ・ジャンさん(19)、ムェン・テー・ヌァン・ヴィンさん(19)の4人。清水さんに教わりながらそば打ちを体験。そば粉を手でこねたり、麺棒で伸ばしたりしたあと、包丁で丁寧に切り、「とても簡単。おいしそうなので早く食べたい」と笑顔が弾けていた。4人はそばのほか、清水さん宅で作っているさつまいもやタマネギの天ぷら、鍋料理など日本食を堪能。シメジの収穫など農作業も体験し、シメジ培養の機械などに興味を示していた。17日の午後からは他のグループとともに道成寺を参拝。小野俊成住職による英語の絵解き説法も楽しんだ。
 今回の科学技術第23陣では、インド、ベトナム、ラオスの大学生ら総勢123人が日本を訪れており、各地域で科学技術など学び、日本文化を体験している。

関連記事

フォトニュース

  1. ボクはどれにしようかな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る