みなべ町 合併から10年で財政改善

 みなべ町は平成16年の合併から10年間で財政が改善され、25年度の地方債(借金)の残高が最高だった19年度の151億円から26億円減少の125億円になったことが分かった。積立金(貯金)の残高も16年度の22億円から25年度は40億円に増えた。しかし、合併から10年が経過し、交付金の優遇措置が27年度から段階的に減少することで、今後の財政運営に影響が出そうだ。
 旧南部町と旧南部川村が合併して誕生したみなべ町の10年間を振り返ってみると、借入金の元金に当たる地方債の残高は初年度の16年度は139億円だったが、学校の建設や道路改良などのハード事業で19年度にはピークとなる151億円に拡大。その後は減少傾向に転じ、25年度では125億円に減った。積立金は年々増加。16年度の22億円から20年度には27億円となり、23年度に31億円、25年度には40億円に増えた。借入金の元利償還金の標準財政規模を基本とした金額に対する割合を示す実質公債比率(数字が低いほど健全)は17年度21.1%、20年度に最高値となる22.7%に上昇したが、その後は年々減少傾向で23年度には20%を割る18.1%、25年度には15.4%まで落ちた。しかし、県内の市町村では3番目に高い数字となっている。職員数も合併当初は171人だったが、25年度は133人で38人の減少。人件費についても平成17年度の12億3700万円から25年度は10億4700万円と8年間で1億9000万円減少した。
 総務課では「財務が改善しているのは人件費が削減されたことや合併当初の町づくり計画でハード面の整備が終了してきたことが大きい。しかし、合併による交付金の優遇措置は来年度から31年度までの5年間にわたって段階的に5億円程度減額されることになる。」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る