あの頃の「未来」に立っている

 新しい年が幕を開けて早くも2週間だが、筆者にはことし第1回の本欄。2015年という年号にはちょっとした思い入れがある
  今から38年前、「ジェッターマルス」というアニメが放映されていた。「鉄腕アトム」のリメイク版だ。幼少時の筆者はこれが好きで、「時は2015年」とうたわれた主題歌の一節をずっと覚えていた。それから年を重ね、いろんな変化に時の流れを感じるたび「それでもまだマルスは生まれていない」と思っていたが、とうとうその年に現実が追いついた
 近未来を描いた作品には当時の世相が反映される。東西冷戦が始まった頃の1948年に書かれたオーウェルの「1984年」は悲劇的な完全管理社会を描く。経済が復興し始めた1957年のSF「夏への扉」では、21世紀が夢のような未来として描かれる。家事は「おそうじロボット」がやり、エアカーが宙を飛び、月への定期便が出ている。クローン技術で体の部分のスペアができ、取り替えられるので老いることがない
 現実の2015年は「人間そっくりのロボット達が人間と一緒に生活している」ような社会にはなっていないが、情報ネットワークや家電の発達による生活の快適さは1977年当時と比べるべくもない。「おそうじロボット」もできている。といって、悩みが何もかも解決された夢のような世界が実現しているわけでもない
 いつになっても人は、今ここにないものを未来に期待するのかも知れない。あの頃の「未来」である今も、現在を少しでもよくしようと社会は動いている。現実はそう単純ではないが、その連続がよりよい未来を呼び寄せるのだろうと、新年だから明るく考えておこう。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. オリンピック成功してほしいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る