日高川町で民家全焼 男性1人死亡

 乾燥注意報発令下の9日夕方、日高川町鐘巻1484、無職黒田英樹さん(79)方から出火。近所の人が火災に気づいたときにはすでに火の手が回っており、約1時間後に鎮圧したが、木造平屋建て瓦ぶき約32平方㍍を全焼した。焼け跡から男性1人の遺体を発見。一人暮らしの黒田さんと連絡が取れておらず、御坊署では遺体は黒田さんの可能性が高いとみて身元の確認を急いでいる。
 現場は道成寺から北約200㍍、鐘巻住民会館近くの住宅点在地で、午後4時55分ごろ、黒田さん宅の南側に隣接する高垣忠夫さん(79)宅の軒先で掃除をしていた息子の嫁の高垣昌子さん(54)が焦げ臭いにおいに気付いた。表に出てみると真っ黒い煙が黒田さんの方から流れてくるのを見つけ、すぐに119番通報した。忠夫さんや昌子さんら家族は近くの消火栓からホースを引っ張っていち早く放水を開始。日高広域消防や地元消防団が続々と駆け付け、懸命の消火活動を展開した。厳しい寒さの中、水しぶきを全身に浴びながらホースを握り、約1時間後の午後6時7分に鎮圧、6時48分には完全に消し止めた。黒田さん宅は屋根が抜け落ちるなど全焼したが、南側の高垣さん宅は軒の一部を焦がしただけで、北側の雑木林への類焼も防いだ。消火活動中も黒田さんの安否確認が取れず、消火後に室内を捜索すると、6畳寝室付近で男性の遺体を発見した。10日に解剖して身元や死因を特定することにしている。
 黒田さんは一人暮らしで、出火当時の目撃者はなく、原因や火元もまだ分かっておらず、御坊署と広域消防が合同で10日朝から調べている。

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る