将棋ゲームにハマってます

 最近、携帯電話の将棋ゲームにハマっている。ネットで人との対局もあるが、それだと好きな時に開始したり、中断したりできないので、筆者がしているのは、コンピューター相手。強さのレベルが100段階まであり、現在84まで勝ち進んでいる。
 「この駒を捨て駒にしてああやってああすれば詰めるか」「これで一手先をいける」などと、一見それらしく指しているが、完全に我流の戦法。将棋と言えばかつて亡祖父から習って覚えたぐらいで、恥ずかしながら守りの囲い方など専門的なことは知らず、「攻撃は最大の防御」をモットーにひたすら飛車、角、銀などを使って攻めるタイプ。こちらの陣形がぐちゃぐちゃになり、王が敵陣まで逃げ込むようなこともあるが、とにかく一手早く敵の王を詰めれば勝ちである。まるで戦国時代の合戦のようであり、いまも世界で起きている戦争が「将棋で勝敗を決すればだれも犠牲者が出ないのに」などと、子どもじみたことも考える。
 そんなへぼ将棋を指す筆者が言うのも何だが、本当に将棋は奥が深いと思う。あの81マス、合計40の駒で、「10の220乗」というとんでもない手の種類があるそうだから当然。しかも取った駒が使えるのでもはや無限通りの手になってくるといってもいい。ところが、実はコンピューター相手の将棋にはくせがあり、何度も指すうちにそれが分かってきて、勝てるようになってくる。あきらめずに何度もチャレンジすることが大切。そうこうしているうち、結構自分なりの実力がついたと思っている。何を言いたいというわけでもないが、暇つぶしの方法としてちょっと紹介までに。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る