中紀精機が工場増設へ

 印南町印南原の電子部品製造業「中紀精機㈱」(林俊男代表取締役社長)と県、印南町は9日、印南町役場で同社の工場増設に関する立地協定書を締結した。
 林社長、岡本敏秀日高振興局長、日裏勝己印南町長、同社親会社の太陽誘電㈱(本社=東京)の関係者らが出席。日裏町長は「中紀精機は高度な技術開発、高品質な製品作りを追求し、いまや国際的な企業まで成長し、まさに印南町の誇り」、岡本局長も「高い技術力で作られる製品は多くの重要メーカーに認められ、部品は世界中で使われており、和歌山の世界に誇れる企業です」とあいさつ。林社長は昭和46年の創業からこれまでを振り返り「世界中にニーズがある中で、業界ナンバー1の最先端部品を和歌山から発信していくことで、地域貢献、従業員の幸福につなげていきたい」とさらなる発展へ決意を述べた。
 同社の製品「インダクタ」の生産拡大に向けた工場増設。インダクタは電子機器に組み込まれ、ノイズ除去などの役割を持つ部品。スマートフォンやタブレットパソコン、デジタルカメラ、液晶テレビなどに使われており、あらゆる製品、また日本を含む世界中でニーズが高まっており、工場増設となった。工場の操業開始は7月を予定。一定の新規雇用などを条件に県の奨励金の対象となっており、町も固定資産税の減免措置などを行う。

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る