印南のかえるの宿 ワーホリ導入へ

 印南町の民泊グループ「かえるの宿(庄田登紀美会長)」は7日から3日間、導入を目指しているワーキングホリデー(ワーホリ)のモニターツアーとして和歌山大学生6人を受け入れている。農作物の箱詰めや加工品作りを始め、若者が得意とするパソコン入力なども手伝ってもらい十分な労働力になることを確認。今後、導入へ向け本格的に進めていく。
 かえるの宿はこれまで子どもらを対象にした民泊や体験を提供していたが、今後農作業をしてもらう代わりに宿泊場所と食事を提供するワーホリの導入を検討。ワーホリなどを推進している県のグリーンツーリズム推進会議から協力を得ており、推進会議のメンバーに和大教授がいることなどから学生が試験的に参加することになった。
 今回受け入れたのはかえるの宿メンバーの専業農家3家庭。大学生は観光学部3年生ら6人、庄田会長宅では2人を受け入れた。ミカンの箱詰めや宛名書き、切り干し大根作りなどを手伝ってもらったほか、パソコンへのデータ入力などで貢献した。2人の大学生は「何度かワーキングホリデーに参加していますが、庄田さん宅は民泊を受け入れているだけあって、とても居心地よくさせてもらってます」と話していた。
 庄田会長は「農作業はもちろん、パソコンの作業がたくさん残っていましたが、若い人に手伝ってもらい、助かりました」と重要な労働力であったことを確認。今後の課題について「労働力が必要な人は兼業でなく、専業農家に限られますが、専業でも忙しい時は宿泊や料理に時間をとっていられない場合もあります。専業農家宅で作業をして、兼業やそれ以外のメンバー宅で宿泊・食事などの方法も検討していきたい」。また「今回のモニターツアー後に参加した学生の皆さんから意見を聞くとともに、先進地へ実際にワーホリに行ってみることなども考えたいです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. お年寄りはどこがいい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る