シニアサッカー 日高D・E―SUNが関西大会へ

 1月から2月にかけて京都などで開催される50歳以上(O―50)の選手が対象の第10回関西シニアサッカーフェスティバルに、県代表として日高D・E―SUNが2年連続出場する。昨年11月のわかやまシニアサッカーフェスタで初優勝するなど実力が認められ、県サッカー協会から推薦された。本年度全国優勝した兵庫県など強豪との対戦が決まっており、メンバーは燃えている。
 関西サッカー協会主催で、O―40、50、60、70の4部門でそれぞれ府県代表が交流戦を行う。O―50は1月25日(京都の太陽が丘陸上競技場)と2月15日(和歌山の桃源郷運動公園陸上競技場)の2日間行われ、日高は初日に奈良と京都、2日目は兵庫と京都との対戦が決まっている。兵庫は本年度の全国大会優勝チームで、京都は準優勝。全国トップレベルとの試合に注目が集まっている。
 日高は昨年11月に行われた第2回O―50わかやまシニアサッカーフェスタ(6チーム参加)で初優勝を飾っており、これまでの実績なども考慮して、2年連続2回目の県代表に選出された。橋本一彦主将(53)は「京都とは昨年1度対戦し0―1で敗れたが好勝負ができた。守りでしっかりリズムを作って少ないチャンスをものにしたい。全国1、2位チームと対戦できるので、レベルアップにつなげていきたい」と張り切っている。日高D・E―SUNメンバーは次の皆さん。
 松下巧(監督兼選手)、浪典嗣、保田勉、川端徹、竹村伸二、田端英樹、内海正弘、吉田尚弘、山下勇貴、久保裕也、山本辰彦、板垣和成、橋本一彦、小池弘樹、坂元優、林充夫、奥野昌紀、坂本尚平

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る