飛躍の年になりますように

 新しい年がスタートした。昨年はアベノミクスが大きく取り上げられた。日経平均の株価も上昇。特に円安効果で輸出産業の企業が好景気となったようだ。一方、国民の生活に目を向けると、その効果は隅々にまで浸透してはおらず、4月から実施された消費税アップなどもあって苦しい家計となったのではなかろうか。
 紀南地方では主産業の梅の景気が低迷した。大きな流れでみれば、米の消費量が低下しており、梅の消費を鈍らせていることが大きな要因だろう。短いスパンでみると、豊作による1次加工品の梅干し在庫が増えていることが大きい。
 ことしは梅産地にとって大きな出来事が重なる年である。梅の栽培面では、南高梅が種苗名称登録されて50年目。梅の花でも、梅の里観梅協会の発足からもちょうど50年。栽培と観梅がそろって記念となる年を迎えた。加えて、みなべと田辺の産地では、自然と調和した栽培方法「梅システム」の世界農業遺産登録を進めている。順調にいけば、5~6月ごろに国連連合食糧農業機関(FAO)に登録される見通しだ。不景気の流れを変えるだけの好材料はそろっているのではないか。しかし、節目の年を迎えて過去を振り返るだけでなく、未来を見ることが重要。登録だけに終わらせるのではなく、明日への取り組みにつなげなければ意味はない。
 未年の「未」という字は、枝がのびきらずにいる「木」の部分を表しているそうだ。果実が熟しきっていない未熟な状態という意味もあるらしい。「未」には成長するという可能性が含まれている。ことしは、さらに産地が飛躍する年になりますように。    (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る