今年も笑って明るい年に

 笑い祭で知られる日高川町江川、丹生神社で3日から5日まで新春観光イベント「初詣・初笑い神事」が行われ、約1000人の初詣客でにぎわった。地元をはじめ、京阪神からのツアー客らが升を手に鈴振りのかけ声に合わせて、「永(家)楽しゃ、世は楽しゃ、ワッハッハ~」と大笑い。無病息災、明るく幸せな未(ひつじ)年になることを願って笑いを持ち帰った。
 節目となる10年目(平成24年は前年秋の台風12号豪雨で休止)の開催で、ことしは3日間で約1000人が参拝し、観光バス11台、約400人のツアー客も訪れる盛況ぶり。初日は観光バス9台のツアー客に、地元初詣客を含めて約600人が参拝した。境内で江﨑文男祢宜(ねぎ)からお払いを受け、代表で年男と年女の初詣客が玉串をささげた。このあと、和佐の松下廣司さん扮する鈴振りがリズミカルなステップで登場し、「永楽しゃ、世は楽しゃ~、笑えよ笑え、ワッハッハッハ」と笑いを誘うと、初詣客も大笑いを繰り返し、福を招いた。境内では、鈴振り人形やお面、キーホルダーなど笑いグッズや地元特産品の販売、お神酒などもあり、和やかな新春ムードに包まれた。
 京都から家族9人で訪れた石川正明さん(40)は「ツアーのチラシを見て来ましたが、1年の始まりに思いっ切り笑ってとても縁起がよく、家族みんなにいいことがありそう」とにっこり。友人3人で来た白浜町の黒田幸弘さん(55)は「とても楽しかった。笑いの絶えない1年になりそう」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る