阪神淡路大震災から20年

 死者6434人、行方不明者3人、負傷者4万人以上となった阪神淡路大震災(平成7年1月17日)から20年。当時、大阪で暮らしていた筆者も大きな揺れを経験。新幹線の高架下に足を踏み入れた瞬間だったので、高架橋が崩れ落ちると思って逃げ出した。ただ事ではないのは分かったが、何が起こったのか分からなかった。しばらくして友人の電話で地震と知った。
 神戸市にある「人と防災未来センター」には、この20年前の震災で被災した体験や実情を伝える語り部ボランティアの人たちがいる。筆者も以前、日高川町の川辺公民館主催の講演会で、ボランティアの荻野惠三さん、君子さん夫婦から体験談を聴いた。荻野さん夫婦は、地震で自宅が全壊し7時間もの間、生き埋めになり九死に一生を得た。コタツの掛け布団と寝ていた布団がクッションとなって奇跡的に圧死を免れたことや真っ暗闇でガスが充満するなか、身動きがとれない生き埋めの恐怖、極限状態で救出を信じて夫婦で励ましあったことなど体験談は生々しく、その内容はいまでもはっきりと覚えている。
 特に印象に残っているのは、生き埋め状態の際、家の外の音や声が聞こえるのに、救出を求める家の中からの声が聞こえない片道切符の現象という話。荻野さん夫婦は、コタツの天板を蹴った音が外へ伝わり助かった。このことから衝撃音の大切さを強調し、防災対策も語った。思い出したくもないかも知れない悲惨な体験、教訓を地震を知らない人たちに語り次いでくれる荻野さん夫婦。筆者は荻野さんの体験談をあらためて肝に銘じた。近い将来、南海トラフ地震が高い確率で発生するといわれる。阪神淡路大震災から20年。いま一度、防災意識を高め、対策を見つめ直そう。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る