大洋化学のLED水耕栽培実験施設完成

 御坊市島、大洋化学㈱(上西一永代表取締役CEO)のハイブリッド型水耕栽培システム実験施設が完成し、来年1月27日午前10時から現地で内覧会を開く。太陽光とLEDの人工光を利用して「簡単に効率よく、低予算で安心安全な野菜作り」を研究する施設で、将来的に商業ベースで栽培システムの確立を目指す。成功すれば次世代型農業として注目を集めそうだ。
 実験施設は大洋化学北駐車場の一角に建設。面積180平方㍍の鉄骨ハウス。ハイブリッド型水耕栽培が、既設の倉庫やビニールハウス内でできるよう想定した設計になっている。現在、施設内には3000株分の栽培棚があり、すでにレタスと水菜の2種類を栽培中。今後、施設温度、水やり、湿度、太陽光・LED照射量をどのように調整すれば発育がよいかなどを研究。殺菌・抗菌作用がある銀イオンと銅イオンの濃度についても調べる。また、無農薬で栄養価、おいしさ、香りなど品質にもこだわるとともに、生産量や設備コストなど総合的にみて商業ベースに乗せられるかどうかを探る。さらに、来年4月にはLEDだけを光源とする閉鎖型の水耕栽培実験施設も併設する。
 和高専産官学技術交流会の事業の一環でもあり、和高専や市、県、暖地園芸センターなども協力していく。水耕栽培システムにLEDなど自社製品を活用する上西社長は「社運をかけて日本の農業改革を目指す」と意気込んでいる。同様の植物工場については、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス・研究センターが平成23年から研究しており、御坊商工会議所がことし2月に視察した経緯がある。

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る