高校ホッケー 箕島の濱中君全国大会へ

 近畿高校選抜ホッケー大会男子の部が20、21の両日、兵庫県の甲南大学六甲アイランドグラウンドで行われ、由良町吹井の濵中裕太選手(2年)がメンバー入りしている県代表の箕島が4年ぶり9回目の全国選抜大会出場を決めた。濵中選手はGKのポジションで全3試合フル出場し、無失点の大活躍だった。
 近畿2府4県の代表6チームが参加し、3チームずつA、B2つのプールに分かれてリーグ戦を行ったあと、A1位とB3位、AとBの2位同士、B1位とA3位がそれぞれ代表決定戦として対戦。代表決定戦の勝者3チームが来年3月25日から30日まで岐阜県グリーンスタジアムで開催される第46回全国高校選抜ホッケー大会の出場権を手にした。
 箕島は甲南(兵庫)を3―0、立命館(京都)を1―0で破り、Bプール1位。代表決定戦では星光(大阪)に4―0で快勝し、見事全国出場を決めた。
 初日のプール戦は土砂降りの雨の中だったが、濵中選手は落ち着いてプレー。必勝を期す2日目の代表決定戦でも相手にゴールを許さず、チームの勝利に大きく貢献した。
 和歌山県大会では2試合計3失点で悔しさをにじませた。3試合完封の今大会は「声を出して、DFとの連係がうまくいきました」と笑顔いっぱいに振り返り、自身初出場となる大舞台へ向けては「みんなの迷惑にならないよう、イージーに得点されないように頑張りたい」と抱負を語った。箕島男子の楠木賢史監督は「全国ではまず初戦突破が目標。来年は和歌山国体も控えているので、はずみをつけたい」と話し、「GKは後ろから全体を指示する大事なポジション。失点を1点でも少なく、ゴールを死守してもらいたい」とさらなる守護神の活躍に期待を込めた。

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る