雑巾がけで心を磨く

 日高高校剣道部の同校創立百周年記念事業講演会。剣道教士八段・栄花(えいが)直輝さん(47)=北海道県警=が「ただ一撃にかける」をテーマに語った。今月15日付10面の記事では掲載できなかった部分を紹介したい。
 全日本選手権を制した前年の大会では準々決勝で2連覇を狙う宮崎正裕選手に面と胴を奪われ、敗退した。宮崎選手は面を得意とし、「面は必ず何本も使う」と予想していた。万全に研究、対策も練って臨んだ大一番。「ここだ」と相手が面を打ち込んできた瞬間、面をかわして胴を決めたと思ったが、審判員の旗は相手に3本上がっていた。
 翌日、自宅に帰ってビデオを観ると、相手の「面あり」と確認できた。「死に物狂い」に稽古して臨んだ試合。決まったと思った胴も決まっておらず、それから稽古に身が入らなくなったという。
 そんなとき、一冊の本に出合った。その本には「一に清掃、二に勤行」と書かれており、「すごい練習をする」のは2番目、まず一番に清掃からやってみようと、警察学校の道場の雑巾がけを行うようにした。やり始めると、「自分のふいた床が光り輝いて見える。床に足が吸い付く、気持ちがいい」。心地よい環境の中で日々の練習をすることが、のちの世界大会や全日本選手権の優勝につながったと話していた。
 技術的に変わったことはない。それでも優勝できたのは、雑巾がけを通じて心が磨かれた、人間力が増したからと伝えたかったのではないだろうか。「自分から何かを見つけ、進んでやることが、剣道の技術の向上にも間違いなくつながる」と栄花さん。勉強でも仕事でも同じことがあるだろう。とても胸に響く講演だった。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る