古田さんが日高地方初の不動産鑑定事業所開設

 印南町出身で、現在、東京の会社に勤務している不動産鑑定士古田高士さん(33)が、実家のある同町印南原に日高地方初の不動産鑑定事業所「中紀不動産総合コンサルティング」を開設。来年夏には印南地内に事務所をオープンする。不動産鑑定士は司法試験などと並ぶ三大国家試験といわれ、古田さんは早稲田大大学院在学中にMBA(経営管理学修士)を取得。三菱商事など大手不動産ファンドでの投資実績もある。
 不動産鑑定士とは、不動産の経済価値に関する高度専門家で、一般にはなじみが薄いものの、司法試験、公認会計士と並ぶ三大国家試験といわれ、最終合格率は約2%。鑑定は田畑や山林、一般住宅、更地はもちろん、オフィスや商業施設、レジャー施設、ため池なども対象とし、機械や船舶の動産、固定資産税の路線価システムなど、いわゆる資産といわれるものはすべて評価の対象となる。現在、全国で約5700人が登録されているが、ほとんどは東京、大阪の大都市に集中。和歌山県内は25人、日高地方は古田さんただ1人となっている。
 古田さんは日高高校普通科を卒業して立命館大経済学部経済学科に進み、卒業後は不動産開発の㈱大京(本社東京)に就職。不動産鑑定士資格を取得し、仕事をしながら早稲田大大学院ファイナンス研究科に学び、MBAの学位を授与された。
 その後、民間最大手の鑑定会社である㈱谷澤総合鑑定所に入社し、国内外の鑑定評価業務のほか、JALの再生に関する不動産評価や社会保険庁の入札案件の資産査定等を実施。海外の大手不動産ファンド、セキュアード・キャピタル・インベストメントや国内の三菱商事で1500億円以上の不動産投資も手がけた。
 古田さんは「今後もしばらくは東京を拠点として、東京と和歌山を行ったり来たりの生活になりますが、将来的には地元印南に戻って仕事をしたいと思っています。不動産をどう利用すれば経済価値が上がるのか、弁護士や税理士の方とも連携しながら、商店街や地域の活性化にも貢献できれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る