ことしの記事ランキング

 ことしも残すところあと1週間。ことしの世相を漢字一文字で表す「今年の漢字」は「税」だった。噴火や台風などの災害、号泣議員やゴーストライターなど話題が絶えない1年だったが、国民にとっては生活に直接影響する消費税増税が最も響いたようだ。
 ことしの日高地方はどうだったか。例年同様、本紙ホームページの記事ランキングで振り返る。1位は「東京五輪を呼んだ男の妻 和田正子さんが死去」(2013年10月20日付)。昨年の記事だが、ことし10月に1964年の東京五輪誘致を実現させた故和田勇氏の活躍と功績が描かれたドラマ『東京にオリンピックを呼んだ男』が放映されたことをきっかけに、ネット上でも和田氏の検索が増え、アクセス数が増加した。2位は「県立医大ら 梅酢の不妊治療効果を確認」(2014年8月30日付)。晩婚化などから、女性の不妊率が上がる中、梅の効果に注目が集まった。3位は「佐藤君がU-13ナショナルトレセン関西代表に」(2014年2月20日)。以下④下着ドロボーを現行犯逮捕⑤みなべのカツオ大不漁⑥高校総体バレーで開智男子、信愛女子が優勝⑦秋の近畿高校野球 日高中津は大阪桐蔭と⑧JA紀州中央顧客の貯金850万円着服⑨殺人未遂の男を逮捕⑩御坊で男がナイフで女性脅し逃走―だった。
 10位以下をみても例年通り、事件記事がよくランクインしており、下着泥棒や不審者などが並んでいる。そんな中でもいくつかあるサッカー、バレーボール、野球などのスポーツ記事。特に来年はわかやま国体の年。出場選手たちが活躍するとともに開催地の地元も盛り上がり、多くの関連記事がランクインすることを願いたい。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る