子どもたちは地域で守る

 パキスタン北西部ペシャワルの公立学校で先日、学生らが襲撃される事件が起こった。報道によると、イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動」による軍系学校で、通っていた学生は10歳から18歳。132人の学生を含む148人の尊い命が失われた。無抵抗な子どもたちを次々と襲い、殺害を繰り返した残虐極まりない殺害だ。
 この事件をテレビ放送などで知り、13年前の平成13年に大阪府池田市で起こった大阪教育大学付属池田小学校の無差別差殺傷事件を思い出した。男が刃物を持って学校に乱入。児童8人を死亡させ、教師を含む15人が重軽傷を負った。発生当時は各所で学校の危機管理体制について話し合われ、社会に対して大きな衝撃を与えた。
 平和といわれる日本でも刃物と銃の違いはあれ、パキスタンと同じような事件が起こっていたことになる。子どもは親にとって2つとない宝。しかし、その命が奪われる。全国的には誘拐、通り魔などの事件が相次いでいる状態だ。
 池田小学校の事件をきっかけに児童に防犯ブザーを持たせたりする動きが始まった。不審者が教室に侵入してきたという想定で訓練も行われている。筆者が小学生だった40年ほど前からは想像もつかない光景だ。しかし、実際問題としては、不審者が学校に侵入しようとした時にそれで止めることはできるのか。大切なのは地域住民の監視の目ではないか。「見慣れない顔がうろうろしている」という意識が抑止効果を生む。日高地方では住民間のつながりは深い。それを防犯に生かすことが大切。2児の親としても子どもが犠牲となる事件は見たくない。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る