みなべ町 気佐藤に津波避難センター建設へ

 みなべ町は、津波対策として気佐藤地内に避難センターの建設を計画していることを明らかにした。17日に行われた議会一般質問の中で、小谷芳正町長が中本光一議員の津波避難設備の進捗状況についての問いに「来年度予算で調査費を計上したい」と答えた。南部川河口付近の気佐藤、南道、山内の一部道などは周辺に高台がなく、避難困難地区となっている。
 南部川河口付近の気佐藤、山内、南道地区は海抜が低く、南海トラフの大地震が発生すると、浸水の深さが最大5~10㍍になる場所も発生するというシミュレーションもある。10月には県の避難困難場所にも指定された。猪ノ山公園や高速道路みなべインターチェンジなどの高台までは遠く、南道から猪ノ山(芝)まで健常者でも20分程度かかる。実際に災害が発生した場合、家具の転倒などで避難を開始するまでに数分が経過するとみられ、時間的に津波から避難するのは難しいとされている。
 小谷町長はこれまでの議会でも避難タワーなどを建設する考えがあるという内容の発言を行っていたが、具体的な計画まで踏み込んだのは今回が初めて。中本議員が「避難困難地域の津波避難設備の進捗状況はどうなのか」と質問し、小谷町長は「気佐藤地内に鉄筋鉄骨造りの施設を計画している。敷地面積は150坪(約500平方㍍)、施設は80坪(約260平方㍍)とし、500人から600人が避難できる。来年度に予算を計上し、ボーリング調査を行いたい」と答弁した。建設場所は海抜約8㍍、建物は地上5~6㍍とする方針。順調に進めば、28年度中に完成する見込み。南道の矢間修区長(62)は「南海トラフの巨大地震の発生がいわれているが、現状では避難場所までかなり離れている。津波避難センターができると、安心感につながる」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いします

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る