清川中学校跡地を防災拠点に

 昨年度末で廃校になったみなべ町の清川中学校の跡地利用を考える検討委員会(西村修次委員長)は16日に清川公民館で会合を開き、廃校施設を防災拠点として活用する案をまとめた。平常時は研修、宿泊、フリースペースなどとして使用し、人や物のネットワークステーション的な施設とすることも盛り込んだ。近く町に対して提案する。
 活用案は、委員13人で結成する作業チームが立案。9月末から5回の会合を重ねて利用方法をまとめた。会合には他のチームも含め約30人の委員が出席し、作業チームが内容を説明した。
 基本的には、緊急時には防災拠点施設、平常時には人、物のネットワークステーションとして活用するという案。防災については「近くに上水施設がある」「ヘリコプターで救護や物資を搬入する場合に広いグラウンドを使用できる」「学校が避難所となった時には授業の再開に支障を来す場合もあるが、廃校の校舎だとその点を心配する必要がなく、長期利用ができる」などと利点を挙げた。人や物のネットワークステーションとしては、地元の産品をインターネットを通じて販売やPR、研修や宿泊施設を設けて就農体験などに利用する。農繁期の臨時雇用支援に役立てる事務所の設置なども盛り込み、「しっかりした運営管理のできる組織を確立し、住民の利用しやすい環境づくりを進める必要がある」と説明した。委員からは「素晴らしい案で、すぐにでも行政に提案していくべき」という声が上がったほか、「スタッフの賃金面などを考えると、実現するのは大変ではないか」などという慎重な意見も聞かれたが、委員会としてはこの活用案を近く行政に提案することに決めた。
 清川中学校は、少子化のため本年度から高城中学校と統合。廃校となった校舎は鉄筋コンクリート2階建てで延べ床面積は1263平方㍍。体育館は鉄骨平屋で877平方㍍、運動場が約5000平方㍍。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る