世界体操銅メダルの田中選手祝賀会

 第45回世界体操選手権大会の男子団体銀メダルに貢献、個人総合でも銅メダルと活躍した田中佑典選手(25)の祝勝会が15日、和歌山市のホテルグランヴィアで開かれ、県内の体操関係者ら約100人が出席。発起人を代表して県体操協会副会長の小宮清氏(73)=美浜町和田=があいさつし、「2年後のリオ(五輪)、さらにその次の東京も目指して頑張ってほしい」とエールを送った。
 田中3きょうだいの末っ子、佑典選手は日本のスーパーエース、内村航平選手(25)と同じコナミの所属。今回は団体と個人総合、種目別(平行棒)に出場し、団体はつり輪、平行棒、鉄棒の3種目を行った。結果、つり輪は内村選手を上回る15.033をマークし、得意の平行棒は15.166、鉄棒も内村選手とともに15点台を出す活躍をみせ、日本は5種目終了時点まで首位を守ったが、最後の鉄棒で開催国中国が超高得点を連発して逆転、4大会連続の2位に終わった。
 個人総合は内村選手が史上初の5連覇を達成、佑典選手は平行棒と鉄棒で内村選手を上回ったが、合計点は内村選手に1.516差、2位にはわずか0.024差の3位。世界選手権は団体、個人総合ともに初のメダルを獲得した。種目別の平行棒は5位。
 祝賀会で小宮氏は、協会会長の世耕弘成官房副長官の代理であいさつ。団体銀に大きく貢献、個人総合でも得意種目で見事な追い上げをみせた活躍をたたえ、「すばらしい演技に感激した。来年の世界選手権団体では必ず金をとり、2年後のリオ、さらに6年後の東京オリンピック出場も目指して頑張ってほしい」と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る