日本人必見の歴史ドラマ

 戦前、カナダに実在した伝説の日系移民野球チーム「バンクーバー朝日」。体の大きな白人チームを相手に、送りバントやエンドランのスモールベースボールで活躍し、一躍、人種間の壁を超える友好の象徴にまでなった。しかし、昭和16年の大東亜戦争勃発により状況は一変。日系人は「敵性外国人」として排除の対象となり、選手や街の人たちは住む家を追われた。
 この物語は妻夫木聡を主演に石井裕也監督が映画化、20日から全国公開される。同じような日本人移民の野球の話では、和歌山県出身の作家佐山和夫氏が約20年前に書いたノンフィクション『二つのホームベース』も忘れられない。カリフォルニアの高校で「黄金の二遊間」と呼ばれた日系二世の2人は、1人がアメリカへの忠誠を誓い、1人は逆に強制収容所に送られた。差別と迫害を乗り越え、戦後、五十数年ぶりに再会する2人に胸が熱くなる。
 来年は終戦から70年。戦争を題材にした映画やドラマが多く制作される。なかでも注目は、岡本喜八監督以来、48年ぶりのリメイクとなる『日本のいちばん長い日』。原田眞人監督が主演の阿南陸相に役所広司を据え、昭和天皇に本木雅弘、鈴木総理に山崎努、畑中将校に松坂桃季で臨む超大作で、8月に公開される。
 この物語は本土決戦の徹底抗戦を主張する陸軍の暴発、宮城事件が軸となる。4人の首謀者の1人、椎崎二郎中佐は美浜町入山の出身で、畑中の暴走を抑えながら冷静沈着に作戦を実行するが、クーデターは失敗に終わり、最後は皇居に向かって自決する。
 『バンクーバーの朝日』と『日本のいちばん長い日』。この2本の映画はいずれも日高地方にゆかりがあり、日本人必見、ぜひ見ていただきたい。
       (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 事故に気をつけてね!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る