変えるにはまず投票

 1968年12月に東京都府中市で現金3億円を積んだ銀行の輸送車が白バイ警官の格好をした男にだまされ、輸送車ごと現金が奪われるという事件が発生した。いわゆる「3億円事件」で、筆者が生まれる前の話。銀行の輸送車は東京芝浦電気の社員のボーナスを運んでいる途中だった。この事件以降、いまではごく当たり前の給与の銀行振り込みが広まったといわれ、物事にはなんでも始まりのきっかけがあるのだなとあらためて感じた。
 一つの事件、出来事、災害をきっかけに世の中が変わるということは本当にいくらでもある。阪神大震災のあとには建物の耐震化が強化され、ボランティアの意識も一気に高まったといわれている。記憶に新しい東日本大震災以降は津波の対策が大きな問題となり、現在進行形で防災に関する事業が各地で取り組まれている。その他、火災、交通事故等々、「そういえば、あのことから安全対策が強化されたり、これまでと仕組みが変わったな」と調べてみればどんどん出てきて、それを始まりに世の中が少しずつ変わっている。
 さて、14日に投開票の衆院選。師走に突然の解散総選挙となり、終盤になっても盛り上がったという気配はない。「アベノミクス」と呼ばれる経済対策、消費税について問われるだけでなく、集団的自衛権を含めた国の安全保障、原発、子育て支援や高齢者対策などの福祉施策など、今後の方向性を決めなければならない問題は山積していても、有権者は冷めたムードだ。世の中を変えるのは事件や事故だけではない。一番の手段は、いわずもがな選挙での投票行動。何年か先、あの総選挙で日本がよくなったと思えるようにするためには、必ず一票を投じる必要がある。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る