最適な睡眠時間見つけよう

 最近、スマートフォンで睡眠具合を測定できるアプリを入れてみた。スマホを枕元に置いておくと体の動きにセンサーが反応し、深い眠りか浅い眠りかを測定し、グラフで示してくれる。体が動いていれば浅い眠り、動いていなければ深い眠り。よく深い眠りと浅い眠りを繰り返すというが、実際計ってみると、確かに数十分おきに繰り返していることがわかった。このアプリにはもう一つ、起きたい時間を設定しておけば、その少し前の浅い眠りのときにアラームを鳴らし、気持ちよく起こしてくれるという機能もあるのだが、そちらの方はなかなか実感できず、2度寝、3度寝を繰り返している。
 睡眠については先日、日高高校附属中学校で行われた講演会で南和歌山医療センター小児科の医学博士星野恭子さんの話を聴いた。星野さんは睡眠不足になることで過剰に興奮したり怖がったり、感情のコントロールができなくなり不登校の原因になることを説明。昨年、同校保護者会主催の研修会でも、兵庫県立リハビリテーション中央病院の三池輝久さんから睡眠の大切さが訴えられ、同じように不登校の原因が寝不足であることが指摘された。それだけ睡眠が社会生活に与える影響は大きいのだろう。
 それでは何時間寝るのがよいのか。厚生労働省が示している睡眠指針2014によると、必要な睡眠時間の目安は昼間に眠気で困らない程度。個人差はあるものの6時間以上8時間未満となっている。このほか指針では若年層の夜更かしへの注意も呼びかけている。睡眠不足は疲労が蓄積し、仕事の効率を下げるだけでなく、交通事故などを招く恐れもある。日中の眠気をサインに、自分に合った睡眠時間を見つけよう。   (城)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る