日高地方の小学校でトップアスリートの陸上教室

 御坊市の湯川小学校と美浜町の松原小学校で10日、陸上競技のトップアスリートによる特別授業が行われ、オリンピックなど世界で活躍した元選手、現役選手が子どもたちを直接指導。湯川小では走り幅跳びの荒川大輔選手(33)が迫力の跳躍を披露し、松原小では五輪3大会連続出場経験を持つ「トラックの女王」弘山晴美さん(46)らが速く走る姿勢や駅伝のたすきリレーなどを指導した。

 湯川小学校に招かれた講師は、平成14年に8㍍06を跳んで日本人9人目の8㍍ジャンパーとなり、世界陸上大阪大会などに出場した現役の荒川選手。4~6年生190人を対象に、▽鼻とへその位置をまっすぐそろえる▽地面をしっかり蹴ってひざを前に出す▽手は足が地面につくタイミングで下に大きく振る――など、短い距離を速く走るテクニックを指導した。

 最後は走り幅跳びのデモンストレーションもあり、子どもたちが手拍子で盛り上げるなか、荒川選手が勢いよく助走し大ジャンプを披露。世界で活躍するトップアスリートの跳躍に、子どもたちは「すごい!」「かっこいい」と笑顔で拍手を送っていた。実技のあとは体育館に移動し、荒川選手が「速く走り、遠くへ跳ぶためのアドバイス」をテーマに講演した。

 松原小を訪れたのは、中・長距離でオリンピックに3大会連続出場を果たし、マラソンのミセスランナーとしても活躍した弘山晴美さんと、元短距離選手でインカレ400㍍H5位入賞経験を持つ山田里美さん。低学年と高学年に分かれて授業を行い、低学年には▽体はまっすぐ▽腕をしっかり振る▽少し前かがみに――の3つのポイントを指導し、人気アニメ「妖怪ウォッチ」の音楽に合わせて全員でグラウンドを一周した。

 続いて、1年生の代表に駅伝のたすきリレー、2年生の代表にマラソンの給水を実践指導し、最後は弘山さんが3年生の代表とともに、フルマラソン自己ベスト(2時間22分56秒)のスピードでグラウンドを2周。終了後、子どもたちは息を切らしながらも、「そんなにしんどくなかった」「マラソン走ってみたい」と笑顔で話していた。

 弘山さんと山田さんは11日、美浜町の和田小学校でも特別授業を行った。

20141212陸上.jpg








大ジャンプを見せる荒川選手(湯川小)

20141212-2陸上.jpg

マラソン自己ベストのペースで子どもたちと走る弘山さん(松原小)

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る