体にも心にもビタミンを

 師走に入り、それまでの比較的穏やかな陽気が嘘のように厳しく冷え込んできた。周辺で風邪を引いている人も多いが、筆者は箱いっぱいの温州みかんをいただいて毎日食べているおかげか、幸いうつらずに済んでいる
 ビタミンCを豊富に含み、風邪を引く前にしっかり食べておくと予防できるといわれるみかん。梅と並び、和歌山県を代表する果物である。生産量では長らく愛媛や静岡に上位を譲っていたが、近年トップに返り咲いている。この季節に当地方の山間部などで車を走らせていると、鈴なりになったみかんの黄色い実が陽光につやつやと輝く様子が目に映り、何かほのぼのと豊かな気分になる
 この「みかん」を名前に冠するコーラスグループ、クエ・クレモンティーヌの初公演を取材した。クレモンティーヌとはフランス語でみかんのこと。クエとみかん、「日高地方のおいしくて魅力的な特産品を名前につけた」という。前年の「クリスマス大合唱の夕べ」への出演時、ミュージカル「キャッツ」のナンバーで工夫を凝らした演出と歌声が瞬時に観客の心をつかむところを目の当たりにして感動。今回は単独コンサートでその魅力を堪能させてもらった。その少し前には、9人の女性演奏家が出演するロマンティック・ミューズ・コンサートを取材。楽器も曲目もバラエティに富み、観客に楽しんでもらおうとの意欲と工夫に満ちた公演だった。
 これらを含め、文化的な行事が目白押しだった11月。文化や芸術は、なくても生活には困らないが、触れることで心に張りと潤いが生まれる、いわば心のビタミン。体にも心にもしっかりビタミンをとって、寒い季節を元気に乗り切らなければ、と気合を入れている。   (里)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る