作家大下英治氏が蓮の阪本さんを取材

 政財界や芸能界など幅広いジャンルのルポや小説を執筆している作家の大下英治氏(70)が、来年2月に「大賀蓮 世界に花開く」を発行する。大賀ハスを研究した故大賀一郎博士、弟子の故阪本祐二氏=元日高高校教諭=、さらに阪本氏の教え子で御坊生まれの政治家としてハスの外交や観光を進める二階俊博氏の3代に渡る一連の歴史を紹介。6日には御坊市薗にある故阪本氏の自宅を訪問し、妻弘子さん(82)から取材も行った。
 2000年の時を超えて現代に美しい花を咲かせる古代ハスの大賀ハスは、昭和26年に千葉県千葉市で実が発見され、当時関東学院大学非常勤講師だった植物学者の大賀氏が発芽、育成に成功。さらにその後の研究を託された愛弟子の阪本氏は、自宅のハス池で栽培し、純粋種の保存、継承に貢献している。そして、現在、二階氏が平和の象徴と言われるハスを使った外交や観光をアジア各国で展開しているという経緯がある。
 今回、大下氏の執筆は3年がかりで進めており、大詰めを迎えている。原稿は430㌻になる大作で、「ハスの育成は本当に大変。クリスチャンでもある大賀先生が非常に魅力的な人物であることを感じた。それを受け継いだ阪本氏も素晴らしい人物で、奥さんも頑張っていらっしゃる。二階氏については『外交の二階』であることをあらためて感じた。3代にわたる〝大河ドラマ〟となっている」と話している。阪本氏宅では、祐二氏の仏壇に手を合わせたあと、弘子さんから話を聞き、原稿のチェックなどもしてもらった。弘子さんは「私もこんな年齢になり、ハスの世話が大変になってきましたが、先日もボランティアで草引きをしてくれたんですよ」などと話していた。
 大下氏 広島県安芸郡府中町生まれ。広島大学文学部仏文科卒業。大宅マスコミ塾、週刊文春特派記者などを経て独立し、作家として活動。美空ひばりの評伝を執筆し、多くのひばり追悼特集テレビ番組に出演したこともある。これまで発行した著書は400冊以上。

関連記事

フォトニュース

  1. このキラキラ 年季がちがいます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る