責任感ある優秀な人材を

 たとえば子どもの小学校のPTAやスポーツクラブの総会。役員改選になって突然、空気が重くなることがある。会長、副会長、会計など、それぞれを誰にするか、あるいはお願いするか。「私がやります」と名乗り出る人はまずいない。全員が下を向き、誰も発言しないまま、ジリジリと時間が過ぎていく。
 しびれを切らした議長が、「○○さん、引き受けてもらえないでしょうか」と指名すると、たいていは「とてもとても、私なんてそんな器じゃないです」と固辞。子育てや仕事に追われ、役員の仕事をこなす余裕もないだろうし、会長の責任の重さを考えると、やりたくない気持ちはよく分かる。
 年が明ければ御坊市議、美浜町長・町議、日高町議、由良町議と選挙が続く。無報酬の任意団体の役員とはまるで違い、立候補者は勝つか負けるか、一族郎党、親戚の友達の知り合いの近所の人まで、あらゆるコネを総動員して票集めに奔走する。
 市民のため、国民のために重い責任を負う為政者、政治家と呼ばれる人たちは、とてつもなく重圧に強い精神力の持ち主なのか、ストレスを感じない性格なのか。まさか、恐ろしく無責任なだけというわけではあるまいが…。
 今年は号泣県議を筆頭に、地方議員のデタラメさがクローズアップされた。「議員なんかロクなやつおらん」という嘆きは、そんな人を選んだ自分たちへの嘆きであることを思い返さねばならない。
 責任感ある優秀な政治家が国や地域を立て直す。そのためには多様なルートの人材が求められる。選挙は血縁、仕事、友人…さまざまなしがらみもあろうが、誰に投票するかは「あの人に頼まれたから」ではなく、自身の目で見極め、主体性を持って判断を。まずは衆院選。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る