責任感ある優秀な人材を

 たとえば子どもの小学校のPTAやスポーツクラブの総会。役員改選になって突然、空気が重くなることがある。会長、副会長、会計など、それぞれを誰にするか、あるいはお願いするか。「私がやります」と名乗り出る人はまずいない。全員が下を向き、誰も発言しないまま、ジリジリと時間が過ぎていく。
 しびれを切らした議長が、「○○さん、引き受けてもらえないでしょうか」と指名すると、たいていは「とてもとても、私なんてそんな器じゃないです」と固辞。子育てや仕事に追われ、役員の仕事をこなす余裕もないだろうし、会長の責任の重さを考えると、やりたくない気持ちはよく分かる。
 年が明ければ御坊市議、美浜町長・町議、日高町議、由良町議と選挙が続く。無報酬の任意団体の役員とはまるで違い、立候補者は勝つか負けるか、一族郎党、親戚の友達の知り合いの近所の人まで、あらゆるコネを総動員して票集めに奔走する。
 市民のため、国民のために重い責任を負う為政者、政治家と呼ばれる人たちは、とてつもなく重圧に強い精神力の持ち主なのか、ストレスを感じない性格なのか。まさか、恐ろしく無責任なだけというわけではあるまいが…。
 今年は号泣県議を筆頭に、地方議員のデタラメさがクローズアップされた。「議員なんかロクなやつおらん」という嘆きは、そんな人を選んだ自分たちへの嘆きであることを思い返さねばならない。
 責任感ある優秀な政治家が国や地域を立て直す。そのためには多様なルートの人材が求められる。選挙は血縁、仕事、友人…さまざまなしがらみもあろうが、誰に投票するかは「あの人に頼まれたから」ではなく、自身の目で見極め、主体性を持って判断を。まずは衆院選。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る