投票は連れもていこら

 先月30日の知事選で3選を果たした仁坂吉伸氏の得票は26万6093票。本県の衆院小選挙区ごとにみると、3区は全体のうち約半数の票を獲得している。3区の有権者がいかに仁坂氏を信任し、期待しているかの表れで、知事としては県全体の発展を考えるのは当然だが、3区の有権者の信任と期待が高いことを心にとどめ、県政を進めてほしい。
 また、各市町村の投票率をみると、3区は比較的高い。特に市部は御坊市が47.53%でトップ、郡部も日高郡が63.6%で一番高かった。有権者の政治に対する意識が高いことを示しているが、これはとても大切なこと。近年、全国的に政治への不信感で無関心層の増加も言われるが、「政治家はだれでも同じ」と言って知らないふりでは、余計に何も変わらない。「自分たちが国を動かし、変えていく」、そんな気持ちの第一歩が投票行動である。小欄で何度も書いてきたことだが、投票は白票でも構わない。投票に足を運ぶということが、有権者が持つ権利の行使。「入れたい候補者がいないから投票にいかない」というのは、ただの怠慢と言える。確かに携帯のメールで投票でもできるようになれば、投票率なんて一気に上がるような気もするが、現行の選挙制度の中では仕方ない。不満があるなら、新しい投票の方法を提言するという行動を起こせばいい。
 とは言うものの、知事選での投票率が御坊・日高でも自慢できるほど高かったわけではない。だれかが「知事選で投票した人がもう1人連れていけば続く衆院選は2倍の投票率になる」と言っていたが、なるほど、衆院選の投票は「連れもていこら」でお願いしたい。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る