目標の選手探そう

 スポーツ取材を長年担当しており、子どものアスリートたちと接する機会が多い。ここ数年、少し気になっているのは選手たちにインタビューすると、目標にする、または憧れの選手がいないという回答が目立つことだ。やはりお手本とする選手はいた方がいい。もっと夢を持ってほしいと思う。
 野球をやっていた筆者にとってのスーパースターは、PL学園の桑田真澄投手と清原和博選手。2人とも1年生から甲子園で大活躍し、桑田投手の安定感抜群の投球、清原選手の豪快な打撃はいまでも記憶に残っている。プロ野球選手では巨人の原辰徳選手。一部で勝負弱い4番打者ともいわれたが、とにかく男前でかっこよかった。巨人のテレビ中継は毎日楽しみにしていたし、とくに原選手の打席が待ち遠しかった。
 自分の憧れの選手が大活躍したときは、練習にも力が入った。あんなホームランを打ちたいなどと、その活躍の様子を頭の中でイメージすると、自然とモチベーションが上がった。それだけでも夢を持つことには意味があるはずだ。
 野球の指導者からも、目標にする選手がいない子どもたちが増えているという話を聞いたことがある。目標にする選手がいないからプロ野球とかもあまり見ない。長い間野球をやっていても、野球を知らない選手が多くなってきているではないかとの指摘もあった。
 トップレベルの選手のプレーを観戦することは、本を読むのと同じで自らが体験できない部分を補ってくれる。練習に明け暮れるのも大切だが、子どもたちにはトップレベルのプレーに触れる機会をたくさん持ってもらい、目標、夢をしっかりと見つけて頑張ってほしいと願う。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る