目標の選手探そう

 スポーツ取材を長年担当しており、子どものアスリートたちと接する機会が多い。ここ数年、少し気になっているのは選手たちにインタビューすると、目標にする、または憧れの選手がいないという回答が目立つことだ。やはりお手本とする選手はいた方がいい。もっと夢を持ってほしいと思う。
 野球をやっていた筆者にとってのスーパースターは、PL学園の桑田真澄投手と清原和博選手。2人とも1年生から甲子園で大活躍し、桑田投手の安定感抜群の投球、清原選手の豪快な打撃はいまでも記憶に残っている。プロ野球選手では巨人の原辰徳選手。一部で勝負弱い4番打者ともいわれたが、とにかく男前でかっこよかった。巨人のテレビ中継は毎日楽しみにしていたし、とくに原選手の打席が待ち遠しかった。
 自分の憧れの選手が大活躍したときは、練習にも力が入った。あんなホームランを打ちたいなどと、その活躍の様子を頭の中でイメージすると、自然とモチベーションが上がった。それだけでも夢を持つことには意味があるはずだ。
 野球の指導者からも、目標にする選手がいない子どもたちが増えているという話を聞いたことがある。目標にする選手がいないからプロ野球とかもあまり見ない。長い間野球をやっていても、野球を知らない選手が多くなってきているではないかとの指摘もあった。
 トップレベルの選手のプレーを観戦することは、本を読むのと同じで自らが体験できない部分を補ってくれる。練習に明け暮れるのも大切だが、子どもたちにはトップレベルのプレーに触れる機会をたくさん持ってもらい、目標、夢をしっかりと見つけて頑張ってほしいと願う。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る