JR御坊駅 来年夏にバリアフリー化

 JR御坊駅のバリアフリー化事業起工式は、26日午前8時半から現地で行われる。地元住民らの強い要望を受けて構内にエレベーターや出入り口にスロープなどを設置。完成は来年夏を予定しており、9月の紀の国わかやま国体に間に合わせる。御坊の〝玄関口〟として高齢者や障害者はもちろん、国体関係者らの利便性向上に期待がかかる。
 バリアフリー化の総事業費は3億6000万円で、うち事業主体となるJR西日本が3分の1を負担。残りは国が3分の1、地元自治体の御坊市と和歌山県が合わせて3分の1を補助する。市と県の予算は本年度当初議会で計上。市には御坊ロータリークラブから200万円の寄付も入った。国は本年度で1000万円を計上し、27年度に残りの1億1000万円をつける予定だったが、国体の選手ら多くの人がJRを利用することが予想される中、27年度分の予算を前倒しで計上し、国体までの完成を目指すことになった。現在、JR御坊駅は線路をまたいでプラットホームを移動するため階段を利用しなければならず、バリアフリー化のメーン工事としてエレベーター2基を設置する。駅出入り口へのスロープ設置や多機能トイレなども整備する。
 バリアフリー化はおととし9月、御坊の商店街や御坊商工会議所、各種団体が1万2926人分の署名を添えて御坊市に要望していた。国の補助要件は一日当たりの乗降客が5000人以上の駅となっていたが、23年度に緩和されて3000人以上となった。御坊駅の24年度実績は3525人で要件を満たしている。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さんの声をお寄せください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る