事件事故の抑止に全力を

 いよいよあすから師走。ことしも残り1カ月となった。振り返ると本当にあっという間で、年々早く感じるのは気のせいだろうか。仕事、プライベートとも息つく暇もなく過ぎ去ったというのが正直なところ。まだまだ一息ついている時間はない、これからがラストスパート。山積みの仕事に加えて、庶民には意義の見いだせない衆院選挙も控えていて例年以上に慌しくなりそうで、気を引き締め直さなければと思っている。
 私事はさておき、日高地方のことし、とりわけ住民の安全な生活にかかわる事件事故を思い返してみると、殺人など凶悪事件はほとんどなかったが、今月になって見知らぬ女性の車に男が押し入り、ナイフで脅して走行させるという悪質な事件が御坊市内で発生した。犯人は依然逃走中で、不安を感じている住民の声をよく聞く。時間の経過とともに関心も薄らいでいるが、用心を怠ってはいけない。警察も警戒を強化しているが、衆院選のおかげで違反取締本部を設置しなければならなくなった。選挙違反の取り締まりも大事だが、庶民は犯罪の未然防止に重点を置いてくれることを願っている。
 12月1日からは冬の交通安全運動も始まる。飲酒運転の罰則強化以降、近年は飲酒の検挙や事故は少なくなったが、御坊署管内では11月だけで酒気帯び運転で8件の検挙があり、少し関心が薄らいできている表れとも取れる。年末にかけては飲酒の機会が増え、羽目を外してしまいがちになるのも気がかり。ことし管内では交通事故で1人が尊い命を落とした。「これ以上の死者は出さない」を合言葉に残り1カ月、事件事故に遭わない、起こさないようもう一度気を引き締め直そう。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る