乙武さんのメッセージ

 16年前、ベストセラーだった「五体不満足」を読んだ。著者は当時大学生の乙武洋匡さん。通常より短い、肘の上までの腕、膝の上までの足を持って生まれた。軌跡を綴った著書はからっと明るく、機知に富んでいる。大変面白かった。興味深いという意味だけでなく、普通に笑えるという意味でも面白かった。それでいて真摯なメッセージが感じ取れた。「障害は不便だが不幸ではない」という、簡潔にして明確なメッセージである
 日高町制60周年記念講演会を取材した。講師は38歳になった乙武さん。著書の印象通り、からっと明るくウィットにあふれる講演だった。明るさの中に真摯なメッセージがあった。「ある人の特徴を一面的に捉えるのでなく、あるがままに向き合い自然な関係を築くことで、世界は豊かになる」。障害のある人と接する時、慣れていないと身構えるが、いろんな面を知って自然に付き合えるようになれば、障害はその人の持つ一つの特徴に過ぎなくなる
 道後温泉で有名な松山市をスタッフと散策している時、スタッフが「時間あるし、足湯にでも行きましょうよ」。「ぼくがそれやったら半身浴になっちゃうだろ」「あっそうでした」と2人で笑ったという。そういうエピソードが次々に軽妙な口調で語られた。さまざまな葛藤もあったのではと推察されるが、そんなことは感じさせない
 小学校教員生活の最後に、クラスの発案で文集を作った。題は「色えんぴつ」。考案の男子は「何十本もあるけど同じ色はない。このクラスもみんな違ってて面白い」。個々の違いを認めようという乙武さんの思いを、子ども達はしっかり受け取っていた。7つの色は混ぜ合わされると真っ黒になるが、一つ一つ生かして並べれば美しい虹ができるのだ。       (里)

関連記事

フォトニュース

  1. このキラキラ 年季がちがいます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る