もっと長くいてほしかった

 日本を代表する映画俳優、高倉健さんが今月10日に亡くなり、18日の発表からいまも連日、生前の人柄を偲ぶニュースとともに、主演映画が追悼放送されている。同じ作品の同じシーンを何度も目にするが、そのたびに見入ってしまう。
 いまや「スター」という言葉もほとんど死語となっているが、中高年の日本人にとっては健さんこそが最後の映画スターだった。私生活もスクリーンの中の役柄そのまま、寡黙で常に折り目正しく、共演者はもちろん、現場スタッフ全員に気配りを忘れなかった。一連の報道の中で、「自分も男としてこうありたい。そう思わせる最強の理想だった」とのファンのコメントが印象深い。
 こういう人間でありたいという思いは、映画やドラマの作り手にとって最も重要な要素である。監督や脚本家は頭の中で何人もの登場人物を歩かせ、互いに出会わせ、それぞれに何かを考えさせ、言葉をしゃべらせる。主人公はどんな職業でどんな仕事ぶりなのか、家族構成、経歴、趣味、性格を入力しながら、物語の進行とともにそのイメージに合う役者を起用する。
 ドラマ『北の国から』の脚本家倉本聰もしかり。板前、警察官、医者…どんな主人公の人生を描くにせよ、「あんな人がいてほしい」という強い思いがなければ作品は生まれないという。健さんが演じた『冬の華』のあしながおじさんも、『駅 STATION』の射撃の名手の刑事も、高倉健を念頭に描かれた「男の中の男」だった。
 撮影が終了すると、スタッフとの別れの悲しみを忘れるように旅に出て、その先で出会った市井の人に思いを寄せ続けた健さん。素晴らしい人との出会いが自分を成長させてくれたという。もっともっと長くいてほしかった。       (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る