かわべ天文公園 プラネタ休止へ

 日高川町和佐、かわべ天文公園のプラネタリウムと観望会が12月から休止することが分かった。2人いた天文担当の技術職員の1人が8月末に退職、もう1人の技術職員も今月いっぱいで退職することになり、プラネタリウムと観望会の開催ができなくなるためで、平成8年の開園から19年目にして休止を余儀なくされた。
 天文公園は現在、委託先の㈱さぬきやが他の町内観光十数施設とともに管理・運営している。口径1㍍望遠鏡などの設備を備えた全国屈指の天文施設で、プラネタリウム観賞に宿泊までできる教育、観光の両面の要素を兼ね備えている。プラネタリウムについては毎年4回、技術職員が番組を自主制作。四季折々にちなんだ星空や話題の天体を紹介するなど、開園以来親しまれていた。観望会は、口径1㍍望遠鏡など使って毎年の中秋の名月をはじめ、皆既月食、金環日食など各種天体ショーの際に開催。宿泊客相手にも夜空を紹介していた。
 今後の再開については、技術職員がなくなる上、プラネタリウムは投影システムの老朽化が著しく故障しがちで、1億2000万円の更新費が必要なことからめどは経っていない。日高川町ではプラネタリウム、観望の両部門の運営について検討を進めており、これまでのように町が技術職員を雇用するのではなく、施設の利用を希望する学校関係や団体などへの貸し出しも視野に入れているという。
 プラネタリウムと観望以外のレストラン、宿泊、公園(広場など)の各種業務はこれまで通りに営業する。

関連記事

フォトニュース

  1. こうしてみると分かりやすいね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る