意味付けで記憶力アップ

 先日、日高高校附属中学校(上田優人校長)で行われた出前授業を取材した。講師は京都ノートルダム女子大学心理学部の松島るみ准教授で、テーマは「記憶力を高めるために」。ちょっとした工夫で記憶力を高める方法を紹介し、興味深かった。
 記憶力の実験では最初に「眠い男が 水差しを持っていた」「優しい男が ミルクを開けた」など、似たような文面で特に意味のない5つの文章がモニターに映し出され、数秒間で覚えるというもの。画面が消えた後「優しい男」は何をしたなどと問題が出される。似たような文章でなかなか覚えられない生徒が多い中、松島准教授が前の文と後ろの文の間に別の文章を加える方法をアドバイス。「優しい男が ミルクを開けた」の場合は、間に「泣いている赤ん坊のために」などと加える。一見、覚える文字数が増えるのだが、文に意味を持たすことで、以前より覚えやすくなる。次の実験ではペアの5種類の画像を覚える。似たような画像なのでどれがどのペアか一見難しいのだが、こちらも意味付けで解決。たとえば「楕円(だえん)」と「2本の棒」があれば、「お箸で卵を食べる」などと自分で意味を補足することで覚えられる。
 このほか年齢に応じた記憶方法があることを紹介し、生徒たちに丸暗記をせず、意味付けて覚える方法を勧めた。簡単な工夫で記憶力が大幅に向上するので、生徒だけでなく筆者も十分勉強になった。ただよく思い出せば、同じ授業が昨年もあった。昨年も同じ内容の話を聞いていたのだが、筆者の記憶からすっかり消えていた。せっかくのいい話も「なるほど」と納得するだけで満足していれば身に付かない。日々の生活での実践が大切だ。    (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る