政治家が走り回る師走へ

 年をとったせいか、1年が過ぎるのは早いと感じる。半月ほど前から寒さも厳しくなり、ことしも残り1カ月余りとなった。本屋に行けば来年の日記が売られているし、カレンダーも出回っている。年賀はがきも発売が始まり、そこかしこで年末ムード。あと10日もすれば最終月の12月入り。師走である。
 師走は本来、旧暦の12月の別称。しかし、いまでは新暦でもごく普通に使われている。語源は諸説があるようだが、「師が走る」ということに由来。「師」は学校の先生という意味であり、日ごろは落ち着いているが、年末に忙しくて走りまわることからきたという説。他には「師」は僧侶を指し、昔は正月も盆と同じように祖先の霊をとむらう月でもあったことから家々を忙しく走りまわったことが語源となったという説もあるそうだ。
 いずれにしても他の月よりも慌ただしくなる。地方の新聞社でもそうだ。もうすぐ新年号の製作の準備などに取り掛からなければならず、普段よりも仕事量が必然的に増える。各家庭でも、12月の後半にもなれば、年越し準備でせわしない時期になるといえるだろう。
 政界では、あれよあれよという間に衆議院解散が決まり、来月2日に公示、14日に投開票。県民にとっては今月30日投開票の知事選に続いて連続の選挙となる。政治家にとってはまさに各地を駆け巡る師走。しかし、有権者はいくら忙しい時期でも、「どの有権者がふさわしいか」「どの党の政策が国民の生活にとって最もプラスになり、現実的なのか」とひと呼吸おいてゆっくり落ち着いて考え、1票を投じよう。国民の生活が冷え込んでしまう12月にならないように。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る