ハイキューに憧れて

 ことしを振り返るのは少し早いが、最も活躍したスポーツ選手といえば、必ず名前が挙がるのがプロテニスプレーヤーの錦織圭選手だろう。全米オープンではアジア人男性として初めて四大大会シングルスの決勝に進み、つい最近行われたことしのトップ8人だけが参加できるATPツアーファイナルにアジア人として初出場しベスト4入りした。日本人でもできることを証明してくれた我らの誇りである。テニスを始めた、もしくは興味を持つ子どもを増やしたという点で最も大きな功績を残したといえるだろう。またその中から将来のスター選手が誕生するかもしれない。
 テニスに負けず劣らず、バレーボールを始める小学生も増えている。理由は、漫画「ハイキュー!!」だ。高校の男子バレーの物語で、日高地方の子どもたちにも人気がある。「主人公の日向(ひなた)のようになりたい」と憧れてジュニアのバレーチームに入部する男女が実際に増えているのだ。サッカー漫画「キャプテン翼」が世界で絶大な人気を誇り、ジダンやメッシ、カカら世界トッププレーヤーにも影響を与えたように、ハイキューの影響もまた、将来のバレーボール界を担うかもしれない。少子化で部員が少なくなっている中、このように子どもたちに夢や憧れを抱かせる存在は非常に大きい。
 春の高校バレーで親しまれている全日本バレーボール高等学校選手権県代表決定戦を観戦、取材した。男女とも大応援団の声援が飛び交う中、ラリー、ラリーの好勝負にバレーの面白さをあらためて感じた。バレーに限らず、スポーツはやっぱりいい。勝ち負けだけではない、スポーツの面白さを多くの子どもたちに知ってほしいと思う。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで火の用心頑張ろうな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  2. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  3. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  4. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  5. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る