歴史の魅力を発掘

 御坊市制施行60周年記念事業、歴史文化遺産フォーラムを取材した。2日間で自然編・歴史編・祭礼編の3部構成。休憩を除いて延べ9時間ほどに及ぶ、濃密なプログラムである
 当初の予定にはなかった、市文化賞受賞者で歴史学博士の小山譽城さんによるミニ講演が非常に印象に残ったのでここで紹介したい。わずか15分でフォーラムの全分野を総括し、方向性を指し示す羅針盤の役目を果たされたように思えたのだ
 まず自然編の発表を控えた高校生に「生物学と歴史学は一生続けられる学問」と激励。実感のこもった口調に、本当にそうだと感銘を受けた。そして「なぜ?」と考えるところから歴史の面白さは始まる、と示唆。弥生時代、最古の青銅器鋳型がなぜ御坊から出土したのかと考えると、海が当時の重要な交通ルートだったことが浮かび上がる。かなり時代が下ってもそうだったことは、そのあとの歴史編・祭礼編でも折に触れて語られた。祭の四つ太鼓も海を渡って伝わったのかもしれない、と
 そして亀山城主湯川氏を中心とした中世から、本願寺日高別院創建で「御坊」が生まれて近世へ。寺院は普通南向きに建てるが、日高別院は真っすぐ亀山城跡を向く。かつての城下町を意識して建てられている。日高別院の現在地への建立時は、秀吉の紀州攻めで湯川氏が滅びてまだ10年ほどだったのだ。歴史の流れは確かに連綿とつながり、因果を形成している
 歴史や文化は義務としてやむなく継承するというより、学べば学ぶほど「誰も知らないのはもったいない」と感じさせる宝物。誰かに理解されて初めて価値を持つ。フォーラムによって少しでもその魅力が発掘され、多くの人の心に刻まれたならいいと思う。   (里)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る