御坊で歴史文化遺産フォーラム

 御坊市制60周年記念事業、歴史文化遺産フォーラム「御坊の現在・過去・未来」の第3部祭礼編「御坊祭についての映像とトークの会」は16日に御坊市民文化会館大ホールで開かれ、日高地方最大の祭礼である御坊祭の成り立ちや歴史で知識を深めたほか、これからのあり方でも意見交換した。市が国の補助を受けて作成している御坊祭記録映像の一部も紹介され、来場者は興味深く見入った。
 まず記録映像「御坊祭の祭礼行事」を10分程度上映。お旅所への神輿渡御、潮かけ、熱気あふれる四つ太鼓の宮入りなどから翌日に各家を回る「傘やぶち」まで日ごろはなかなか見る機会のない映像もあり、来場者は興味深く見入っていた。続いて「知られざる御坊祭」と題して各組の準備の様子などを写真映像で紹介。休憩をはさんでパネルディスカッションに移った。
 コーディネーターは和大南紀熊野サテライト客員教授の鈴木裕範さんが務め、吉川壽洋さん(市文化財保護審議会委員)、長谷川嘉和さん(同志社大文学部講師)、蘇理剛志さん(県教育庁生涯学習局文化遺産課)、川瀬和男さん(小竹八幡神社総代)がパネリスト。主に戯瓢(けほん)踊り、雀踊り、奴踊り、四つ太鼓など各組が奉納する芸能の歴史について論じ、「四つ太鼓は県内では日高地方に集中しており、全国的には瀬戸内地方によくみられる形。『ホーエンヤ』という掛け声などは海辺の民の祭りによくある。廻船業など海上運送の発達していた御坊には各地の面白い祭りの情報が持ち帰られ、取り入れられたのでは」などの説が披露された。伝統の形をしっかり守っていくか、現代人にも参加しやすい形に変えていくかについても討論。「基本的な部分は変えずにしっかり守る姿勢を貫くことが、むしろ人をひきつけるのではないか」「あえて変えようとする必要はないが、子どもたちやパワーのある女性が参加しやすい仕組みを整えていくことは必要なのでは」「祭りは地域力そのものが問われる場。祭りのコミュニティを大事にすることがこれからの地域づくりには必要」などの意見が出され、充実した内容に来場者は拍手を送っていた。小竹八幡神社宮司、小竹伸和さんのインタビュー映像も紹介された。15日午後には歴史編が行われ、市文化財保護審議会委員の川崎雅史・橋本厚洋・塩路正・小出潔・大谷春雄の5氏が御坊市の歴史的遺産についてそれぞれ講演を行った。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る