増やそう登録有形文化財

 先日、御坊市内で初となる国の登録有形文化財に御坊の町屋「堀河屋又兵衛住宅」と薗のしょうゆ醸造「堀河屋野村」が登録された。国の重要文化財や自治体の文化財指定などの制度はよく聞くが、登録有形文化財は当地方であまりなじみがない。
 そもそも昭和40年ごろから古い民家や洋風建築が重要文化財などの指定を受けてきた。そんな中、近年急激に消滅しつつある建造物の保護に当たり、緩やかな規制の下で幅広く保護の網をかけようと創設されたのが登録有形文化財制度。原則、外観の維持が義務付けられるが、申請すればある程度改修の融通は利くようで、家主にとっても大きな負担にはならないようだ。
 御坊市内では関係機関が寺内町観光を推進しており、心配されるのは〝お宝〟とも言える建物が、都市化や生活形態の変化などで取り壊されてしまうこと。地元県議も古い建物の保存へ文化財登録を提案しており、今回の2件がスタートラインと言えそう。
 全国的な登録有形文化財と言えば京都府の「南座」や新潟県の「彌彦神社本殿・拝殿」、高知県の「畠中家住宅」などで、確かに世界遺産や重要文化財に比べるとインパクトは少ない。しかし、市内にはまだ登録できそうな建物がたくさんあるようで、登録が増えることで地域全体のまちなみ保存の機運アップにつながると思う。ただ、登録有形文化財は、改修の規制が緩い分、重要文化財に比べると補助金や固定資産税減免のメリットが少ない。今回の2件の家主のように志ある人ならいいが、この辺が登録を増やしていくネックになるのでは? ならば地元行政が独自に補完する新しい制度でも作れないものだろうか。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. いたずらしちゃうよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る