来年のえとヒツジをつくります

 田辺市龍神村柳瀬在住のチェーンソーアーティスト、城所ケイジさん(47)らが中心の龍神チェーンソーカービング倶楽部メンバーがことしも、22・23日に龍神ドームで開催れる翔龍祭会場で実演と販売を行う。ことしは来年のえとの未(ひつじ)がメーンで、大小さまざまなオリジナル作品を販売する。来年が年男となる城所さんは「木の温かみや龍神村のよさを感じてほしい」と多くの来場を呼びかけている。
 城所さんはチェーンソーアート世界チャンピオンにも輝いた日本の第一人者で、全国各地でカービングショーや個展、講習など開催している。翔龍祭に参加するようになって9年目。毎年実演販売しており、昨年は目玉として7㍍にもなるティラノサウルスを制作した。ことしは来年のえととなるヒツジが中心。すでに制作しているものや、当日は関西を中心にしたカービング倶楽部メンバーのアーティスト10人前後が実演、即売を行う。「馬や龍などはよくありますが、ヒツジの置物ってあまり多くないので、彫るのも案外難しいんですよ」と城所さん。リアルなものだけでなく、子ヒツジなどかわいい作品も出展する予定で、「えとの置物を求めるお客さんは多いので、飾りやすいよう小さい彫刻も制作するつもりです」と来場者に喜んでもらうことを常に考えている。値段は5000円から数十万円のものまで、大小さまざまに取りそろえることにしている。
 愛知県出身。アメリカ人のチェーンソーアーティストと知り合い、「この技術を取り入れて林業の活性化に結び付けたい」と2000年からこの道に進んだ。使うのは地元龍神村のスギにこだわっており、「チェーンソーアートを通じて木や田舎の魅力に少しでも触れてもらえれば」と願っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る