下水道事業の問題点

 将来、家を建てようと思っていた場所(倉庫)が海のすぐ近くで、当然、津波の浸水区域。津波の被害が騒がれるようになってその場所への自宅建築は早々にあきらめていた。そこで新たな問題が発生。すでに集落排水事業に加入していたため、施設に未接続の、いまの状態が「問題」と指摘を受けたのだ。
 日高町議会総務福祉常任委員会の中で下水道事業の問題点についての調査があり、集落排水の接続率が75%ほどで年間830万円の赤字と報告があった。町は未接続者から基本料金(1540円)を徴収すれば年間850万円の増収が見込まれると試算したことを明らかにし、一部議員からは未接続者に対して「加入を取り消すか、(取り消さないなら)基本料金をもらうことを検討してもいいのではないか」などの意見も出された。
 条例には「供用開始から3年以内に接続に努めなければならない」などとあるが、未接続者への料金徴収については何ら示されていない。では前出の場合の受け止められ方としては、「努め」を行わない不誠実な対応になるのだろうか。また、町担当課の報告では未接続者の理由は経済的な部分が大きく、つまり接続したくてもできない人が多い。経済的にできないのも不誠実なのだろうか。未接続者からの料金徴収という意見には、さまざまな疑問を感じずにはいられなかった。
 「まだ一つの意見」としても、本来弱者の側に立つべきはずの議員からすぐにこんな話が出たのには大変驚いた。今後、下水道事業健全化へ議論は本格化する。町民代表の議員の皆さんには、赤字解消に主眼を置くだけでなく、もっといろんな立場から多角的に、かつ慎重に議論してもらいたいと思う。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る