景気回復はいつ来るの?

 11月に入ってからの朝夕の冷え込みに冬の訪れを感じさせられる。立冬が過ぎ、暦の上でももう冬である。そう、鍋のおいしい季節となった。鍋に欠かせない野菜は、9月の高騰に比べて落ち着きを取り戻しているとはいえ、昨年よりも高いのは当然だろう。もちろん野菜だけではない、いうまでもないが、消費税が上がっているからだ。
 8%に引き上げて以降、案の定消費は冷え、とくに地方では景気回復など微塵も感じない。一部の大手企業は業績が上がっているという景気のいい話も聞こえるが、中小零細企業にはどこの国の話かと思える。以前にも書いたが、給料は上がらず物価は上がる一方、これを悪循環といわず何というのか。そこへきての10%への引き上げ議論。将来の社会保障のためには必要なのかもしれないが、まずはこの悪循環の解消が先だろう。でなければ10%にしても結局負のサイクルは続いていくだけだ。いまを乗り切ることができなければ将来も何もあったものではない。
 業績がよくならないのは景気回復ができない国のせいか、企業の努力が足りないのか、おそらくは両方だろう。ただ、労働者はこの厳しい現状の中、精いっぱいの努力をしている。それに引き換え、国会ではうちわだの、政治資金だので相変わらずの足の引っ張り合い。中国漁船のサンゴ密漁や拉致問題など課題が山積する中、「もっとほかにやることあるんじゃないの」という国民の冷ややかな声すら聞こえていないのかもしれない。この国のかじ取りを担う国会議員の皆さんも努力はしてくれているのは分かるが、努力だけでなく結果を出すことにこだわってほしい。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じになってきました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る