御坊市議選 新人松屋氏が出馬表明

 来年1月11日告示、18日投開票の御坊市議選(定数14)で、3人目の新人となる松屋久紀氏(47)=野口、会社員・㈲道成寺観光開発=が、10日に出馬表明した。
 平成23年の前回選挙にも出馬した経験があり、この4年間で「いろいろな人と会い、勉強させていただいたことは大きな財産」と振り返りながら、今回の選挙については「未来の御坊市を今!」をキャッチフレーズに「特に人口減少対策に取り組みたい」と意欲。その上で▽福祉充実▽防災対策▽市街地活性化▽地場産業活性化――を目標に掲げ、「自民党木国政経塾1期生を修了し、現在2期目。政治とはボランティアから道路建設まで幅広く含まれることを学んだ。北山村はジャバラでまちおこししているが、御坊市にもいろんな宝があり、中でも大賀ハスを保存・伝承し、観光につなげたい。防災では津波避難タワーの建設はもちろん、命山(人工高台)を整備し、普段はサッカー場として活用するようなことを提案していきたい。また、災害救助犬の育成とドッグラン設置で、雇用確保にもつなげたい。これらの取り組みが人口減少対策につながる」と述べた。このほか津波避難訓練やゲリラ豪雨対策の重要性なども訴えている。出馬に際しては自民党公認を受けており、これで市議選の同党公認は5人となった。
 新人は、先月16日に政治団体「御坊布武の会」代表の山本勝也氏(54)=島、飲食店経営=、今月1日に宮路雅仁氏(51)=湯川町小松原、会社役員=がそれぞれ名乗りを上げており、松屋氏を含めると3人となった。ほかにもうわさがあるが、早くから活発に動いていたのはこの3人だけ。一方、現職は14人全員が出馬の構えで、大激戦の選挙戦突入が予想されている。

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る