卵かけご飯 紀州うめたまごが1位

 働く女性のスキルアップを応援する情報誌「日経ウーマン」が企画した「卵かけご飯25種、食べ比べランキング」の結果が発表され、「紀州うめたまご」が見事1位に輝いた。審査員を務めた飲食ライターら女性4人からは「まろやかな旨みがご飯に合う」「子どもも好きそうな味」などと高評価。全国から集まったワインたまごや金剛卵など並み居る〝強敵〟を抑えてナンバー1となった。
 仕事にも私生活にも役立つ情報を掲載している日経ウーマンの企画で、全国の有名なブランド卵25種類を取り寄せ、グルメライターや最新のトレンドに関する取材・執筆を行っている女性4人が選考した。
 うめたまごは、みなべ町晩稲の紀州ほそ川(細川清会長)が開発した加工品梅酢「梅そだち」(梅BX70)を混ぜたエサで育てたうめどりから生まれた卵。梅酢には健康維持には欠かせないクエン酸やアミノ酸が多く含まれており、うめたまごには葉酸が通常より約30%も多く含まれるなど栄養価が高いのが特徴。今回は、細川会長が会長を務める紀州うめどり・うめたまご協議会の会員である上平養鶏場(紀の川市)が提供した。
 審査した4人は「酸味やコクがしっかりしているので、しょうゆなしでもいける」「パッケージに『濃い』と入れたくなるくらい濃い」「ねっとりしていて子どもも好きそうな味」などと絶賛。黄身の色も濃いため、「弁当の卵料理にしたら映えそう」と卵かけご飯以外にも使いたいという意見も出た。2位は広島県の「きよらグルメ仕立て」、3位は岐阜県の「濃厚卵黄もみじたまご」だった。細川会長は「紀州うめどりが2008年食味コンテストで最優秀賞を受賞し、今回はうめたまごが1位となり、評価されてうれしい。この機会に和歌山の産品として定着し、おいしい卵があることを知ってもらいたい」と笑顔で話している。

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る