元気出して夢かなえよう

 御坊市制施行60周年記念事業で一般財団法人世界少年野球推進財団(WCBF、王貞治理事長)の少年野球教室「夢に向かってフルスイング」が今月1日に市立体育館で行われ、市内小中学生120人が参加。本塁打王の中日OB山﨑武司さんら元プロ4人から指導を受けられる素晴らしい機会となった。
 少年時代にこういった体験をすることは、技術の向上はもちろん、自身のやる気向上へいい刺激になるようで、取材でインタビューした選手も「将来はプロになりたいです」と目を輝かせていたのが印象的。地元野球レベルの底上げへ、できれば定期的にこういった教室を開催してほしいものである。
 それにしても元プロの指導を何回か取材したが、なかなか熱血というか厳しいというか、見ていて緊迫したものを感じる。ダメなところはしっかり指摘し、もたもたした行動には喝。筆者も小中学時代に野球部だったが、久々にそういった様子を見ると、何だか懐かしい、すがすがしい気分になる。また、そんな熱血指導の中も阪神OBの矢野燿大さんは、子どもたちの褒めるべきところは少しオーバー!? ぐらいに褒めていたが、近年よく言われる〝褒めて伸ばす〟を実践しているのだと感じた。
 参加した子どもたちは、そんな指導に応えようと一生懸命。今後、覚えたことを生かして自分たちの夢をかなえてほしい。ただ、一つだけ言わせてほしい。元プロの目力や威圧感に押されるのは分かるが、何か質問された時に蚊の鳴くような声で返事する子どもが結構いた。せっかくスポーツで鍛えているのだから、腹から声を出して元気にいこう。         (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る