全国ロボコン 和高専チームに期待

 近畿地区大会でベスト4に入り、審査員の推薦を受けて9年連続の高専ロボットコンテスト全国大会出場を決めた和歌山高専(堀江振一郎校長)ロボコン部。23日の本番に向けて連日、ロボットの調整と操縦の練習が続いている。過去15回の全国大会では準優勝3回と強豪の一角にかぞえられ、学生や学校関係者だけでなく、地域住民からも「学校創立50周年のことしこそ悲願の日本一を」と期待が集まっている。
 全国高専ロボットコンテスト(高専ロボコン)は昭和63年から始まり、和歌山高専は第4回大会に初参戦して全国大会に出場。以来、全国大会は通算15回、平成18年からは8年連続出場しており、ことしは先月の近畿大会で準決勝敗退となったものの、技術賞を獲得し、審査員の推薦を受けて9年連続の全国出場が決まった。
 本年度の競技テーマは「出前」。出前ロボと受け取りロボの2台が連係して和そばの蒸籠(せいろ)を運び、3分間に運んだ蒸籠の枚数で勝敗を決する。コースにはスラロームや角材の段差、坂道などの障害があり、出前ロボは一度に蒸籠を30枚まで運べるが、あまり高く積み上げるとバランスを崩してしまう。一度に多く運ぶか、少ない枚数で速さに重点を置くか、受け取りロボを操縦する注文人、出前ロボに蒸籠を積み込む店主、出前ロボを操る操縦者の3人のコンビネーションがカギを握る。
 ことしの和高専チームのロボットは「鯨走軽迅(けいそうけいじん)」という名前で、出前ロボは勢いよく潮を噴き上げるクジラをイメージして製作。部長の電気情報工学科4年の前井康秀君は「ロボットの完成度はかなり高い。ことしは創立50周年で期待が大きく、その分プレッシャーも強いですが、全国大会で目指すはもちろん日本一。3人の息が合えば十分狙えると思います」と話している。
 全国大会は23日、東京の両国国技館で開かれる。和高専チームは前井君のほか、竹中未来君(4年)、安村啓太郎君(2年)。

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る