アジア高校生の英語力

 先日、日高高校の創立百周年記念式典が同校の体育館で行われた。在校生や関係者など1000人以上が出席。ステージ上では、関係者らがこれからの新しい一歩への決意を新たにし、同校卒業生の二階俊博代議士らがエールを送った。これで日高高校百周年関係の行事はほとんどが終わった。
 記念事業で印象的だったのはやはり10月15日に御坊市民文化会館で開かれたアジア高校生フォーラム。インド、トルコなど16カ国と日本の合計17カ国の高校生がアジアの観光、環境、文化で意見交換した。言語はすべて英語で行われたが、驚いたのは各国の高校生の英語力だ。事前に用意してきた文章を読むプレゼンならともかく、その後の質問でも英語がまるで自国語のようにスムーズに会話できていた。学校で習ってきた程度で英語がわからない筆者にとっては、日本人が話す英語こそ単語が聞き取れなんとなく意味は想像できたが、外国の高校生の英語はテンポが速く流れるようにしゃべるので、聞こえてくる音を文字に起こすことすら難しかった。休憩中、初めて会ったであろう各国の高校生同士が英語で親しげに会話している場面が見られ、言葉の壁がなければこうもスムーズにコミュニケーションがとれるのかと、英語の重要性をあらためて感じた。
 フォーラムでは発表した日高高校生以外の生徒も、客席で聴いていた。筆者と同じように海外の高校生の英語力に驚かされ、また英語の重要性を認識し、自身の英語力向上の気持ちを新たにすることになったことだろう。ここまでの規模の取り組みはなかなかできないだろうが、日本の高校生のいい刺激となるよう、今後も他国の高校生との交流は必要だ。        (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差して乗ったりせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る