秋の叙勲 日高地方は2氏

 秋の叙勲受章者(3日付)が発表され、県関係は女性3人を含む42人、日高地方は教育研究功労で和歌山高専名誉教授宮原一典氏(78)=御坊市藤田町吉田=が瑞宝小綬章、労働行政事務功労で元和歌山労働基準監督署長若﨑博氏(85)=御坊市湯川町財部=が瑞宝双光章を受章する。宮原氏は10日に文部科学省で伝達のあと拝謁、若﨑氏は5日に県庁で伝達、13日に拝謁が行われる。
 宮原氏は、熊本県人吉市出身で、近畿大学工学部を卒業後、神戸大学に技官として勤め、昭和39年、国立高等専門学校1期校として設立された明石高専に勤務。42年から和歌山高専勤務となった。
 大学時代は高度経済成長の始まる頃で「日本の発展をけん引するのは電気産業」と思い、電気工学を専門に選んだ。和高専では電気工学科教授として長年勤め、学生を指導するかたわら自身の研究も継続。ほぼ週1回の割で神戸大学に通い、内地留学として1年間研究に没頭した時期も。平成7年、「微弱放電光の定量化処理に関する研究」と題する論文で工学博士の学位を取得した。12年に定年退官、名誉教授となる。この間、国内では電気学会、静電気学会などで発表を行い、ドイツのドレスデン大学等海外の3大学で開かれたISH国際学会でも発表。教科書としても使われているコロナ社の新編電気工学講座シリーズ「自動制御」を共同執筆した。
 「工業高等専門学校の創設当時から36年間奉職。最初は未知の学校制度として試すような目でみられましたが、幸い大変優秀な学生が集まってくれました」と振り返り、叙勲受章には「卒業生は社会で大いに活躍しており、誇らしく思います。受章は少しでも彼らの役に立てたことへのご褒美と思います。ご指導の先生方、論文作成事務を手伝ったり内地留学中は留守を守ってくれた妻、支えて下さった方々のおかげです」と妻浩子さんの内助の功にも感謝している。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る